鉢羅麼怛羅(はらまたら)
デュエルマスターズに関するページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごり押しは正義
どうも。なんだかんだでテスト期間になっちゃいました(´・ω・`)
課題やバイトとコンボがくるんで今回やけにきついですねー、いやはや(´A゜) 

あ、ちなみにだいぶ前の話になりますが、初売り。バザガベルグ2枚衝動買いしてきました。これで計3枚です。
デッキ作れるだけは集まりましたが、アドバン全盛期なんでちょっと厳しいかなー感がありますねぇ(´・ω・`)

ちなみに相方はロマノフ2枚買いやがりました。前日の夜11時から並んでたそうです。これ、商店街の初売りなんだぜ・・・(ノ∀`)

さて、本日は久々に新弾使ったデッキ紹介です。新弾使ったといってもちょっとしか使ってないですが(´・ω・`)


赤黒連ドラ『メンクイミラクル』
DM vaultさんへ飛びます
クリーチャー
4 x コッコ・ルピア
3 x ダーク・ルピア
3 x 龍神ヘヴィ
4 x 紅神龍バルガゲイザー
4 x バルザーク・熱風・ドラゴン
4 x インフィニティ・刃隠・ドラゴン
4 x 魔龍バベルギヌス
2 x 龍神メタル
2 x 黒神龍グールジェネレイド
3 x 竜星バルガライザー

呪文
2 x クリムゾン・チャージャー
2 x リバース・チャージャー
3 x デーモン・ハンド


ごり押し力に特化した赤黒の連ドラ。ソウルブリンガーの可能性を模索中に誕生してしまった一品です。

基本は普通の連ドラと同じ。ルピアからバルガゲイザーを出して殴っていきましょう。
ただ普通の連ドラと違い、バベルギヌスの蘇生力、葉隠とダークルピアとグールによる死をも恐れぬ特攻力があるため、徹底的なごり押しが可能となっています。特に葉隠がいる状態でのバベルの理不尽さは異常です。
なので、相手に自分よりパワーが高いクリーチャーがいようがお構いなしに殴り続けることが可能となってます(もちろん、状況にもよりますが・・・)。葉隠とバベルがうまく回ってくれれば、相手が殴り返してきたのに最終的にはこっちの場が増えているなんてことさえあり得ます。たとえ何事もなく殴り返されても、トップバベルやバルガライザーなんかで、うまく回ってくれれば軽く持ち直すことができます。


緑が入らない以上、安定性を求めるのは無理。ということで、このデッキでは「回った時の爆発力」と「今引きの強さ」を特化した構築をしてあります。さっきから「上手く回ってくれれば」と連呼してるのもここからきてるわけですが・・・

たとえば、地獄スクラッパーさえも切り代わりにバルザーク・熱風・ドラゴンを投入した点。対速攻性としてはもちろんスクラッパーの方が安定しているわけですが、例えば後半の局面でトップしたとき、1匹も破壊できずに終わる局面だって多いはずです。そしてもちろん、バルガや葉隠でだって出てきません。
その点熱風なら、終盤トップしても最低限クリーチャーとして場には残ってくれます。それでいてバルガや葉隠でヒットしたら場に出すことが出来、さらにダークルピアや葉隠がいれば相手の攻撃に対するちょっとした牽制にもなります。このちょっとしたシナジーやトップ力強化のために、本来最も安定した選択肢である地獄スクラッパーを切ったわけです。
それでも、STは最低限何枚かは欲しいためデーモンハンドは入れてあります。こっちなら、最悪後半にトップしても1:1互換にまでは持ち込めるからです。(まぁ、キング相手にどうしようもないというのが一番の理由だったりしますが・・・)

バジュラが入ってないのも同様。回った時の爆発力は強化されますが、バルガライザーで出せない、さらに場に何も居ない状態でトップしても意味がないということから切り捨ててあります。
(初代インフィニティも似たような理由。ただしこっちは安定性が半端ないため、なんか切って入れる価値はあるかも知れません。)

カード解説
インフィニティ・刃隠・ドラゴン
バルガ2種に次ぐドラゴン生成装置。ちなみに8コストのバルガライザーは出せないので注意が必要だ。基本的にこのデッキでは、バルガ2種とこいつを使ってドラゴンを並べていくので、このカードは1つのキーカードとなっている。
たとえば、こちらの場にバルガと葉隠。相手に自分よりパワーが高いクリーチャー。バルガでアタック→ドラゴンがめくれて場に出す。エンドして相手のターンにバルガが殴り返される→葉隠で表向き→なんかドラゴンが出る。
これで最初2匹で、殴り返されたはずなのに場には3匹のドラゴン。
もし、このパターンで表向きにしたとき、さらにバベルが出たら・・・?
バベルの効果で殴り返されたバルガが戻ってきて、さらにバベルが墓地に送られたことにより葉隠効果発動。あわよくば、場にはドラゴンが4匹。
ここでへヴィやバベルがもう1匹出たらさらに連鎖は続く。葉隠が2匹並べばばもう止まらない。
ちなみに、表向きにしたカードが龍じゃなかった時、そのままトップに残るのは要注意。その隙に全滅させられると何も起こらない悲惨さがあります。そういう意味ではバルガライザーとはちょっとアンシナジー。

魔龍バベルギヌス
黒入りにする最大の利点。トップ力が異常なほど上昇する。除去にも使えて万能なので、怒涛のフル積み。これでも全く腐らない。
墓地回収や葉隠、ダークルピアとのシナジーのほかに、場のクリーチャーを使いまわせるのも忘れてはいけない能力。ルピア→バルガ→メタル、バルガでアタックでバベルギヌス。メタルを使い回して計2ランデス。なんてのもちょっとした可能性。

クリムゾン・チャージャー、リバース・チャージャー
どんなに爆発力、今引き強化にしたって最低限の安定性は欲しい。ルピアに頼るだけではさすがに無理がある。
というわけで、4コストチャージャーはしっかり積んでおく。他のカードに比べるとだいぶ腐りやすいが、そこは仕方がない。


先述したとおり安定性は正直低いです。トップを叩きつけていくというコンセプト上、運にだって普通の連ドラより遥かに左右されるでしょう。
とはいえ、アドバン全盛期の今なんだから、これくらい思い切った構築の方が案外行けるんじゃないか、とも思いますね。
回った時のキモさは一見の価値ありなので、普通の連ドラに飽きたら試してみると良いかもしれませんよ(´∀`)


デッキ名は太鼓の達人より。佐藤美香さんの「メンクイミラクル」から。
走れ走れ乱Way 立ち止まるな
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haramatara.blog17.fc2.com/tb.php/72-685a7ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。