鉢羅麼怛羅(はらまたら)
デュエルマスターズに関するページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さっそくですが
どうも。これから結構忙しくなりそうなフラグが立ってるので、凄いタイミングとしては早いですがさっそく新弾を使ったデッキを一つ紹介しようと思います。
さすがにそこまで回してないので若干未完成っ気があるといえばその通りなんですが、今後の新弾デッキの参考にでもしてくだされば幸いです。


黒赤緑アイシャドー・ビートダウン『夜桜謝肉祭』
DM vaultさんに飛びます。

クリーチャー
4 x 無頼勇騎ゴンタ
4 x 誕生の祈(バース・アイ)
3 x 威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
4 x マイキーのペンチ
3 x ヤミノサザン
3 x 封魔妖スーパー・クズトレイン
2 x 衝撃のロウバンレイ
3 x 土隠風の化身(カイト・トーテム)
2 x ギガクローズ
2 x 霊翼の宝アルバトロス
2 x 闘竜死爵デス・メンドーサ
1 x 炎竜提督ガウスブレイザー

進化クリーチャー
2 x 永遠のジャック・ヴァルディ

呪文
1 x 母なる大地


ニンジャストライクの密かな特徴の一つとして、「1ターンだけとはいえバトルゾーンに出ている」ということが挙げられます。今回紹介するはそれを生かしたビートダウンとなってます。

この特徴により、相手のブロックによってニンジャストライクを発動させたときに出てきたシノビにSAを付加してやれば、なんとそいつが攻撃の手に加わることになります。さらにシノビ独特の効果が加わることで、相手の計算を狂わせながらのごり押しが可能となってくるのです。

そこで今回注目したシノビは《土隠風の化身》と《威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン》。双方ともニンジャストライクのためのコストが非常に軽いため、大抵の状況でニンジャストライクを狙うことができます。そのため、早いタイミングから殴り続けていっても問題なくストライクを狙うことができるのです。
さらにそれぞれ文明が緑と黒なので、《マイキーのペンチ》により簡単にSAを与えることができます。これで、「軽量シノビ絡めたペンチビート」という大まかなデッキの形が作れました。

そこに更に、これらのシノビ、ペンチ、そしてデッキのコンセプト自体との相性がいい《バース・アイ》を投入。
自身がブロックを誘発させる効果で、さらに殴り返しの対象にもなりやすいためニンジャストライクが狙いやすく、しかも効果を発動させればニンジャストライクで山札の下に戻ったシノビも回収することが可能となってきます。《バース・アイ》のサーチで《土隠風の化身》や《威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン》をサーチすれば、奇襲性こそ薄くなりますが相手の殴り返しに対するプレッシャーになったりもします。

あとはドローや除去要素などを加え、さらに《ギガクローズ》や《ロウバンレイ》といった、できればとっとと殴り返したい、ブロックしたいクリーチャーも追加していったのがこの形。少しビートダウンとしては初動が遅い構築になっているので、ほとんどをクリーチャーにしてペンチの爆発力、および《バース・アイ》の自由度を高める方針に。

とにかくシノビの奇襲性能が鬼。タップ状態の《バース・アイ》を殴り返してきたところを《土隠風の化身》で逆に殴り負けさせたり、相手のでか物が殴り返してきた所を《威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン》で相打ちにしてやってクズトレインで2ドローしたり。従来のカードと違い"突然の奇襲"であることが重要で、一方的にこちらだけがアドバンテージを得ることが普通にできてしまうのです。

プレイングとしてはまぁ、ごり押しです。ハンデスが入ってるデッキ相手には、《バース・アイ》で《ガウスブレイザー》をキープしておくとさらに安心感が出ます。


カード解説

霊翼の宝アルバトロス
墓地回収要素。出来るだけ殴り返し、ブロックしたくないクリーチャーと、《ロウバンレイ》等と相反する存在。ブロックや殴り返しに対する耐性をシノビに依存するのもアレなので、こういう単体で破壊されにくいクリーチャーも必要と判断しました。
相手の場にこいつよりパワーの高いクリーチャーがいる状態で、《威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン》を握りながら殴ったりするとかなりいやらしい。

炎竜提督ガウスブレイザー
手札にキープしておきたいシノビにとって、ハンデスは天敵。よって、ハンデス対策の投入はおそらく必須。
普通ならバイケンなんでしょうが、青が入ってないため《威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン》や《ロウバンレイ》を引けるこいつを採用。

永遠のジャック・ヴァルディ
ギア対策。エンフォーサー怖すぎる。
ギアがないデッキに対しても超万能に動き回れるのがずるい。ただ、少々種不足なので《バース・アイ》を上手に使いたい。


今までに無い"奇襲性"があるニンジャストライク。今回のデッキはその"奇襲性"を伸ばしてみたデッキとなっています。
なんにせよ、ニンジャストライクは出たばかりなので、まだかなり研究段階にあると思います。何度も言ったセリフのような気がしますが、これからどんな使われ方をされるか要チェックな効果ですね。



デッキ名は太鼓の達人の「夜桜謝肉祭」より。
アレンジされた百花繚乱のビートをお楽しみください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haramatara.blog17.fc2.com/tb.php/64-f5780ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。