鉢羅麼怛羅(はらまたら)
デュエルマスターズに関するページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフェルノサイン
どうも、ご無沙汰しております。相変わらず忙しい日々が続いております、彷徨いです。
バイト入ったりテスト期間だったり課題に追われてたりどーも忙しいのです。はい。

そんな中、構築済みデッキの「インフェルノ・サイン」が軽く話題を呼んでるような気がするのでそれについてちょろっと。
自分がこのカード見て真っ先に構成してみたデッキがこちら。


青黒赤緑リアニへヴィデスメタル「Clan as Dango」
4 x エマージェンシー・タイフーン
4 x ダンディ・ナスオ
1 x アクア・スーパーエメラル
1 x 母なる大地
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
3 x 妖魔賢樹フライ・ラブ
1 x アクアン
1 x スケルトン・バイス
2 x パクリオ
1 x サイバー・ブレイン
1 x ストーム・クロウラー
3 x 龍神ヘヴィ
4 x インフェルノ・サイン
2 x アクア・サーファー
2 x ソウル・アドバンテージ
1 x 魔龍バベルギヌス
3 x 龍神メタル
1 x 魔刻の斬将オルゼキア
1 x 破壊神デス


青黒赤緑へヴィデスメタルです。大地制限で崩したやつをリアニ型にしたものです。
大地全盛期のヘヴィデスメタルをイメージして作成しました。なぜインフェルノサイン登場で大地全盛期をイメージしたかは後述しますが・・・

なんかさっそく先を越される。しかもかなり強そう。・・・大地全盛期イメージしすぎてロマネ型まで頭が回りませんでした(´・ω・`)
ま、まぁ、どうも皆さんロマネ型組んでる感じなんでここは差別化を図るべくこの形を回していこうとは思いますが・・・どうも少し動きがぎこちないんですよねぇ。うーむ。

それはともかく、少し回した感じだけですが、フィニッシャーがへヴィメタルという形は一つインフェルノサインリアニメイトのかなり良い形ではないかとは思いました。

まずインフェルノサインでリアニメイト組むに当たり問題点が存在します。
7コスト以下という制限がかかるため、墓地に落とすという手間をかけるよりもブーストした方が確実で、スピードもたいして変わらないのです。
ナスorエマジェン→青銅など→サインで4ターン目に7コスト出せればさすがにそっちの方が早いにしろ、決まっても7コストならまだどうにかなるレベルでしょう。
墓地に落とすという、対処されにくいとはいえ一応"手間"がかかってる割に、そのまま使うと若干インパクトが薄いという印象を受けます。
・・・バベルが墓地にいればインフェルノゲートと変わらない?1つのギミックとしてそれを組み込むのならわかりますが、それ中心でデッキを組むくらいならそれこそブースとした方が早いと思います。2匹墓地に落とす手間は半端ないと思うのですが・・・

しかしながら、インフェルノサインにはブーストにはない大きな利点が存在します。「文明無視」と「シールドトリガー」、そして「破壊耐性」です。
破壊耐性はいわずもがな、墓地から出すため破壊されても蘇るというもの。今回それはひとまず置いておいて、最初の二つ、「文明無視」と「シールドトリガー」について。

そもそも自分が大地制限とともに真っ先にヘヴィデスメタルを崩したのは、母なる大地の大きな特徴であるこの2点が紋章で代用不可能だったためです。
文明をことごとく無視するため、フィニッシャー中心の火文明は最低限積むだけでよく、さらにST付きのためカウンターヘヴィ、続いてメタルとのリンクでビートダウンをことごとく蹴散らすことが可能だったためです。
・・・余談になりますが、コントロール系にはターボロストからの3体リンク、ビート系には大地によるカウンターヘヴィメタルと多くのデッキに万能に渡り合え、あれは自分が今まで作った中で恐ろしく強いデッキだったなぁとか思います。

これでなぜ大地全盛期をイメージして作ったかがおわかりいただけたかと思います。
墓地に落とすという手間こそかかるものの文明を無視して出せるため火文明が最低限で済み、さらにSTによるカウンターヘヴィメタルでビート相手に渡り合うことも不可能ではなくなったからです。
特にビート相手にSTした時の強さは、墓地にメタルさえ落としておけば大地の比ではありません。ブーストとは比べ物にならない奇襲力と、高速ゴッドリンクを実現させてくれます。リンク後に相手の寝てるクリーチャーを殴れば一気に状況をひっくり返せます。
サインがゲートと比べ唯一強化された点がシールドトリガー付きというだけに、このST奇襲力は見逃せません。

それに加えて
・ゴッドという特定の2匹(3匹)のリンクが必要なシステムに墓地回収による破壊体制をつけることでリンクしやすくなる
・へヴィをループさせることが可能
・メタルがランデス効果を持ってるので、早い段階で出てくると割とシャレにならない
・へヴィ、メタルともに7コスト以下なのに、最終的にはリンクすることで十分なフィニッシャーとして機能してくれる

と、ヘヴィデスメタルはサインとの相性が大変良好です。

総合的に見れば母なる大地全盛期の方が遥かにデッキのパワーは高かったでしょう。しかし、STサインによる高速メタル召喚、さらにリアニメイトによるしぶとさ等、大地時代に無かった強さを身につけてるのも確かです。


・・・と、ヘヴィメタとサイン相性がよさそうだよーということを長々と語ってみましたが、インフェルノサイン自体「コスト制限付きとはいえSTリアニメイト」という今までになかった能力を持っている面白いカードといえます。
これ以外にもさまざまな好相性のカードが発掘されていくことでしょう。今からの発展が楽しみですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haramatara.blog17.fc2.com/tb.php/57-b99a73ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。