鉢羅麼怛羅(はらまたら)
デュエルマスターズに関するページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デッキ紹介&簡易大会レポ
どうも。大会やってきました。自分ら主催の大会です。

というわけで簡易大会レポートと、その時使ったヘヴィデスメタルを公開します。
方式は予選リーグ→各ブロック上位2名が決勝行き。今回は相方にお願いして自分も予選リーグから参加。

使用デッキは前述したとおり青黒赤緑ヘヴィデスメタル。

で、結果と一部印象に残った試合は詳細だけ書きますと

予選(順不同)
青黒謎?:○
赤黒ゴッド連ドラ:○

赤単:○
後攻でしたが相手事故っていたようで・・・といいつつこっちも初動が3ターン目ライトってかなりきついんですけど(゜A`)
が、ナイストリガースクラッパーで時間稼ぎが成功。トリプルマウスなどでブーストしてヘヴィメタルが完成。こうなれば赤単になすすべもなく。

赤緑ドラゴン:○
赤黒ドラゴン:○
黒単謎?:○

全勝で決勝トーナメントへ

決勝
ネクラカラーキングアルカディアス:○

赤単:○
同じく後攻で悲しくなってくる。
しかも今度はボロック→ポロン→ライターと神回り。対してこちらの初動は2ターン目双月。
で、相手がポロンで殴ってきたら何とサーファーヒット。タイラー戻してボロックは自滅で一気に優勢に。
その後は双月&大地でヘヴィでポロン除去。あとは流れるままにメタル召喚でゴッドリンク。こうなれば赤単になすすべもなく。

青黒赤緑グールジェネレイド@相方:○
決勝戦が主催者同士という実に謎な戦い。や、賞品提供してるんで、賞品とりかえさないとってので必死なのです。
ハンデスとメタルのランデスでバベルギヌスを消しきったお陰でかなり優位になったような試合に思います。小型共はサーファーで一掃、自爆要員が無いため場にはドラゴンだけが並ぶ。その隙にドローを繰り返しヘヴィメタル完成。これは除去されるも返しにはヘヴィデスを完成。あとはボコって勝利。




と、このように全勝優勝しました。ヘヴィデスメタル強いよヘヴィデスメタル( ´∀`)

特に気になったのが2回の赤単戦。両方後攻でしたが、トリガーで時間稼ぎ→ヘヴィメタルリンクで赤単どうしようもないんですよね。ワントリガー踏ませればどうにかなる感じでした。
また、赤単と相方戦以外全てで3匹Gリンクが決まったのも気になります。デス2は少し多めかも知れませんが、強ち間違った構築じゃ無い感じですねぇ。


で、使用デッキがこちらです。ここからはデッキ紹介となります。




青黒赤緑ヘヴィデスメタル『だんご大家族』
DMvaultさんに飛びます

クリーチャー
3 x 幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x ストーム・クロウラー
3 x 腐敗無頼トリプルマウス
3 x 龍神ヘヴィ
3 x アクア・サーファー
1 x 魔龍バベルギヌス
3 x 龍神メタル
2 x 破壊神デス

呪文
4 x エナジー・ライト
4 x 母なる大地
1 x サイバー・ブレイン
1 x トリプル・ブレイン
3 x ロスト・ソウル
3 x 地獄スクラッパー




ものすごく普通に組んだヘヴィデスメタル。

ヘヴィデスメタルを組むとなると様々な型が存在するように思います。

・ブースト型
・ドラグストライク型
・リアニメイト型
・ゴッドルピア型

他にも色々あるとは思いますが、やはりブースト型が一番安定すると見てこの形に。

vaultさん見る限り青抜き3色型が多いようですね。かくいう自分も最初は青抜いて組もうと思ってましたが、Yoshikiさん他メッセメンバーのアドバイスにより4色に。ブーストを基調にする以上、やはり安定したドローが入った方が回しやすいように思えます。個人的にはこのカラーを押したいです。

基本的にはブースト→大地からのゴッドリンク狙い。ゴッドの枚数はご覧の通りヘヴィ3、デス2、メタル3。デスは先述したとおり少し多め。メタルも少し多めかも知れませんが、大地が蔓延っていて多色化も進んでいる環境において、ランデスは1枚とはいえ案外無駄にならないように感じます。思った以上に強力なため3積みとしました。逆にヘヴィは4積みするまでもないかなぁという感じでした。個人的にはこの比率が一番気に入っています。(ヘヴィ3~4、メタル2~3、デス1とかが本当は一番安定するのでしょうけど)


ベースが黒ボルカラーということで、それだけでも普通に強力です。というか本当に強いのはターボロストと大地なんじゃないかと思うほど・・・や、多分そうなんですが。
大会全勝(フリーでも負け無し)は伊達じゃないかなぁという感じです。


カード解説

エナジーライト
ドローはこいつを中心としました。
基本的に5コスト域(ヘヴィ、トリプルマウス、トリプルブレインと、中盤以降に繋げるカードの宝庫)に繋げるのが序盤の目的となります。
一番は青銅からの流れなのでしょうが、それに加え双月→ライト→5コストというながれも重視することで、より確実性を求めたかったという事です。
そのため4枚フルに積んであります。軽量なので後半リンクを狙う時、合間にちょっと打てるという利点もあります。
一応このデッキはリンクを狙う"コンボデッキ"なので、エナジーライト4枚+サイバーブレイン1枚だけでは足りないと感じ、さらにトリプルブレインを1枚入れ今の形となりました。

腐敗無頼トリプルマウス、ロスト・ソウル
先述の流れ→マウス→ロストが本当に鬼畜。ある意味このデッキの裏の核。
一旦手札を0にしてしまえば対処法が限られてくるので、ゴッドリンクのしやすさがグッと上がります。メタルのランデスやヘヴィの除去もより効果を増してきます。ターボロストが無ければ、このデッキは成り立たないでしょうねぇ。


デッキ名はアニメ版CLANNADのEDテーマ「だんご大家族」より。
手を繋ぎ大きな輪になるよっ♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haramatara.blog17.fc2.com/tb.php/27-315d9720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。