鉢羅麼怛羅(はらまたら)
デュエルマスターズに関するページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後のデッキ紹介
どうも、今日部屋の掃除ついでにカード整理しました。
いらないカードは、100枚でいくらかで買い取ってくれるんで全部まとめるというわけです。

・・・で、掃除中椅子の下からサイバーブレインを発見した時は掃除して良かったって思いましたね。

さて、今日は今年最後のデッキ紹介。ジャックヴァルディビートダウンを、前回からの変更点を交えて(というかそれ中心に)紹介していこうと思います。
前回の大会の時点でのレシピはこちら。

その後回して感じたのが

・やはりパワーは足りない
・赤黒緑のカラーは、虹が多くなる分ドローが減るのが痛く、自分は断念
・ガチャック型は嵌ると強いがトリガー耐性が薄く、ただでさえST踏んだら怖いのに種→ガチャック→ジャックヴァルディと黄金パターンで流れてもヴァルディのWBのお陰でSTを踏みやすく、安定した強さは得れないかなと言う結論。

この3点。

この3点をふまえた上で、自分はこんな構築にしました。



黒青赤ジャックヴァルディビートダウン『永遠はあるよ』
DM vaultさんへ飛びます
クリーチャー
4 x 腐敗電脳メルニア
3 x 砕神兵ガッツンダー
3 x 奇面王機ボーンキラー
3 x 機動闘竜メタルクロー
3 x 惨劇のアイオライト
2 x 染風の宮司カーズ
3 x フォーチュン・ボール
3 x 衝撃のロウバンレイ
3 x アクア・サーファー

進化
4 x 永遠のジャック・ヴァルディ

呪文
2 x エナジー・ライト
1 x サイバー・ブレイン
3 x デーモン・ハンド
3 x 地獄スクラッパー



「永遠のジャックヴァルディ」を使用したビートダウン。
ジャックヴァルディの除去効果を生かし、除去しながら殴るデッキとなってます。

前回との大きな違いは

・ガチャックをやめ、変わりにガッツンダーの投入
・パワー不足解消のため、種にアイオライトとパンプアップにカーズを起用

の2点。

まずガッツンダーの投入。
前述したとおり嵌れば強い変わりにSTに弱く、2コスト域を意識しないといけないガチャック型を変えようと言うのは薄々考えていました。
その変わりの除去手段としてガッツンダーを選択しました。
ガチャックのように殴りながら、何でも除去できる訳ではありませんが、2コスト域の補充が出来るので充分です。

これで変に2コスト域を意識する必要もなくなり、3コスト域が開いたため、念願のアイオライトを導入しました。単体で3コスト5000のハードパンチャーであるためやられにくく、種にもなるため重宝します。
また、それだけでは不安とパンプアッパーにカーズを投入。赤と黒のクリーチャーのパワーが1000上がるのはありがたい。
たかが1000と侮る無かれ。殆どのクリーチャーのパワーが1000で形成されてるこのデッキでは1000が2000になるだけでスクラッパーの被害がガクンと減ります。まぁ、ヘリオスの被害は2匹並べないとどうしようもないわけですけど・・・
2枚積みですが、本当はもっと増やしたい1枚。

・・・ちなみに、純粋な黒のクリーチャーが居ないので色付加は望めないのと、青いクリーチャーはパワーアップしないのは注意です。


カード解説


機動闘竜メタルクロー
OD発動で2000火力が付いてくるクリーチャー(パワーマイナスは実際火力のような感じで使ってるので)
ジャックで焼けない憎たらしい5で2000サイクルを焼いたり、純粋にシステムクリーチャーを焼いたりブロッカーを焼いたり、非常に使い勝手の良い1枚。
地味に種族ドレイクなので、ロウバンレイの効果を使えるのが素敵。

衝撃のロウバンレイ
ブロッカーを焼きながら殴る、ビートダウンでおなじみの1枚。その奇襲性は皆さんご周知の通り。
このデッキでは多めに3枚投入。それだけこいつに助けられていると言うことです。2枚と3枚では安心感が違います、安心感が。
お好みで1枚、種にもなるガレックにかえると良いかもです。というかガレックは出来れば2枚以上入れたいのですが・・・スペースが・・・

フォーチュン・ボール
ドローソース。ジャックの攻撃1回通せば効果発動と思えば楽に思えてくる。
しかし条件付きドローということで若干不安定なので、しっかりエナジーライトも投入。3こすと域は充実してて4コスト域はあまり充実してない、クリーチャーが欲しい、3000って結構デカイなどの理由で、今はこの割合に。




除去しながら7000のデカ物が飛んでくるジャックヴァルディは非常に強力なカードです。
それでいて種が虹札何でもOKなので、構築の自由度も高いです。
自分はこんな形にしましたが、いろいろなタイプが考えられる、作成者の腕が試される1枚でもあると思います。
これからどんな形が出てくるか、非常に楽しみです。

余談
・・・このデッキ名、26弾買ってきて家で回した時にふと脳裏をよぎって、相方と回してる最中に何度も口にした言葉なんですが・・・
調べてみたらどうやら「ONE 〜輝く季節へ〜」の台詞のようで。しかし自分、このゲームやったこと無いんですよねぇ・・・どこでこの台詞聞いたんでしょうか・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haramatara.blog17.fc2.com/tb.php/19-5056d036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。