鉢羅麼怛羅(はらまたら)
デュエルマスターズに関するページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百錬自得の極み
どうも、今頃になって桃ラーにハマった彷徨いです。

そして品切れ状態の奴らを必死に探しまわる日々。ほんと全然売ってないのねあいつら(ノ∀`)
個人的にトマトソース系のと併せるのが好き。ミートソースとか、トマト煮とか。


…さて、本日はサイキックな連中の考察です。凄い乗り遅れた感がありますが(ノ∀`)


新ゾーンの登場。まさかの両面カード。40枚+8枚と言うデッキ枠の拡大…
ここにきておそらくDM始まって以来の大きな革命。賛否両論が出るのも仕方ないと言えば仕方ない。

さて、そんなサイキックなクリーチャー。どんな特徴があると言えるでしょうか?

まず、お財布にやさしいこと。

呪文で別ゾーンから呼び出すんです。呪文さえしっかり集めれば、呼び出す対象は他のデッキと共有できるし、最大でも4枚。普通に使う分には1枚持ってるだけでも十分仕事をしてくれると言えます。
むしろ、8枚のサイキックスペースはできるだけバラした方が選択肢が増えるんじゃないでしょうか?5コスト以下のでしたら文明も問わず出せますし、5コスト以下のは判明分みんなアンコモンですし。
幸いにもサイキック呪文は、少なくともボルシャックホールはコモン。おそらく、サイクル的に全部コモンなんじゃないかなと。

…各文明1匹づつくらいSR覚醒獣が出るような感じですが、ロマネとかのやたら強いうえ枚数必要なSRよりもよっぽどお財布にやさしいと言えるのではないでしょうか?


そして、やたらオーバースペックなこと。

サイキッククリーチャーのコストは飾りみたいなもの。文明問わず出せるか否かの境界線みたいなもんでしょう。
つまるところ、サイキッククリーチャーのコスト=超次元呪文のコストなわけですが…判明分はみんな5コスト。

たとえば、ボルシャックホールで時空ボルシャックを出すってことは、6000、WB、相手の3000以下のクリーチャーを1匹破壊する、墓地の火のカードだけパワーアップ、バトルに勝ったら覚醒、ってクリーチャーを5コストで出してるのに等しいわけです。
フェアリーホールで乱打の人出すだけでも、6000WB、1枚ブースト、あわよくば覚醒なジャイアントを5コストで出してることになります。
既存のカードの効果と比べて、大分強いことが分かると思います。

こんな明らかなオーバースペックなカードを出して、タカラトミーは何を考えてるのか。テストしたのか疑いたくなりますね…


…と、ここまではあらゆる所で書かれてた内容。
…ちょっとここいらで、開発者視点で考えてみましょう。
勿論、自分はカードゲームの開発なんかしたことないですので、あくまで素人の考えですけど(ノ∀`)


まずユーザー側のお財布にやさしいというのは、開発者側からすればちょっと悩ましい事ではないでしょうか。
極端な話、全DMユーザーがサイキッククリーチャー全種4枚っつ確保すればもうサイキッククリーチャーは売れないことになります。
まぁそこまで極端じゃなくても、ある程度サイキッククリーチャー集まったからもう買わなくてもいいやって感じになる人は大分いるんじゃないでしょうか?
まぁこれは経済学的なアレを一切理解してない自分が言ってることなんで相当アテにならないですが(ノ∀`)

さらに、1枚でも回ってしまうというサイキッククリーチャーの特性上、バランスには最大限の注意を払わなければいけません。
サイキッククリーチャーで壊れカードが出たら、1枚制限では意味がないからです。即禁止をかけなければならない。


つまりどういうことか。売上が伸びないかもしれない(…書いてて言うのも何ですが本当にそーなのかなー?教えてえらい人(ノ∀`)!)上、バランスを取るために細心の注意を払わなければならない覚醒というシステムは、開発陣自らいばらの道を突き進もうとしている言えるのではないでしょうか?


だからこそ、自分は覚醒編には開発部の自信を感じています。
こんな革命的なシステム、賛否両論が出るにきまってる。そのくせバランスには細心の注意を払わなきゃいけないわ、ルールも整備しないといけないわ、絵師さんにはいつも以上に絵をかかせるわで普通だったら無難に行った方が良い。
それでもこのシステムを出したってことは、開発陣が自信を持って「このシステムは面白い」と言える出来だからではないでしょうか?

開発陣は本当にテストをしてるのか疑いたくなる?むしろこれはテストした自信の表れだと自分は思います。


そういう訳で、自分は相当楽しみにしてます。覚醒編(´∀`)
まぁ、賛否両論あるとは思いますが、向こうはまだ公表されてないカードプールでのテストもしてるでしょう。公開されてるわずかな範囲のカードを見ただけで絶望感持ったって面白くもなんともないですよ(ノ∀`)

なんにせよ、今後も覚醒編の情報から目が離せないですね(・∀・)!

…というわけで久々にまじめに書いてみました(ノ∀`)! 久々に書くとなんかダメですねー(ノ∀`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです~。

なるほど、覚醒編にはそんな見方もあったのですか、驚きです。

いやぁ、いつも彷徨いさんの考えには脱帽するばかりです(・∀・)
2010/06/10(木) 22:42:18 | URL | APOLLO #-[ 編集]
コメントありがとうございます(・∀・)

やー、ただの殴り書き的記事をそんなほめていだだいてありがとございます(ノ∀`)

なんというか、やったら開発部どーかしてるとか、なんでこんなの出したんだとか、そういう意見ばっかでちょっとうーんって思ってた所だったので、書いちゃいました(ノ∀`)
実際どうなるかは、覚醒編が出てからのお楽しみ、ですね。
2010/06/12(土) 00:16:23 | URL | 彷徨い #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haramatara.blog17.fc2.com/tb.php/137-38112c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。